トップページ            ヘルスリアのご紹介

ヘルスリアのご紹介

健康は血行改善と骨にあり!!!赤外線温熱機「ヘルスリア」のご紹介です

昨年から入所していただいた、ご利用高齢者の共通する事は低体温です。
低体温という病名はござませんが、一般的に36度以下を「低体温」と呼びます。低体温になると、身体の中の「酵素」の働きが悪くなるので、消化が悪くなったり疲れやすかったり、免疫力が落ちたりします。
当園のご利用者も約9割は34度~35度台の方々ばかりでした。
低体温が引き起こす原因の一つは、身体的・精神的・環境によるストレスからなるものと、甲状腺ホルモンの低下による身体的な原因ですが、一番の原因は生活習慣によるものです。痩せすぎ・運動不足・薄着・バランスの悪い食事・身体を冷やす食べ物のとりすぎ・喫煙・シャワーのみの入浴・夏場の冷房のあたりすぎなど、日常生活の中で身体を冷やしたり血行を悪くしたりすることを繰り返していることです。
低体温はなぜ問題なのか?
「低体温者は免疫力が低下し、疾患の発病・悪化から免れない状態」
一番に血行が悪くなり血液の流れが悪くなります。これは細胞に栄養と酵素を届けまた、末端細胞から老廃物を回収する機能が低下する為です。そして、必要な酸素量が不足し、体内で行われる化学反応に必要な酵素が不足し、活性力が低下することが原因と考えられます。
低体温の改善方法
ホルモン異常などの明らかな原因がある場合は、その治療が必要となりますが、特に病気がない場合は、生活習慣の改善が必要です適切な体重を保てるよう必要最低限のカロリーは摂る。また、さくらえんでは1回30分以上の運動を週2~3回以上する。腰周りや足の裏を冷やす服装は避ける。インスタント食品・嗜好品や甘いものを控える。入浴は30分以上湯船につかる。暑い時期には冷房はできるだけ使わず、リズムサイズなど、イベントで定期的に汗をかく、機会をつくる。
冬に旬を迎える食べ物や発酵食品は身体を温める作用があるので、積極的に食べ、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のアロマは血行をよくする作用があるのでフットアロマのサービスを提供しております。ジンジャーなどのハーブティーと組み合わせて食事御利用後にお出しするサービスも好評です。
抜粋資料  ・石原クリニック石原結實先生著書 「体温を上げれば病気は治る」
      ・瀬田クリニック副院長斉藤眞嗣先生著書「体温を上げると健康になる」
      ・国際的免疫学者安保徹先生著書「体温免疫力」

ヘルスリアをお試し下さい

御利用者の感想
・糖尿病による視力の減退が収まり、測定不可能だった視力が0.6まで回復した。
・風邪をひきにくくなった。
・夜、何度も起きてトイレに行っていたが、夜間目が覚めなくなった。
・右足膝裏の静脈瘤が治って、黒かった血管が、青くなった。
・杖が要らなくなった。
・睡眠不足が治った。
・足が冷たくて寝れなかったが、よく眠れるようになった。
・足を滑らせるので風呂はシャワーだけだったが、温泉に浸かったような気持ちになった
・ヘルスリアのお蔭でヘルニアが出なくなった。
・便秘が治った。
・足の浮腫みがとれた
・足がジンジンしてイライラしていたが、おさまった。
・偏頭痛がしなくなった。
・肩こりが緩和された。
・基礎体温が1℃上がって嬉しい

現在のご利用者から上記のような感想が聞かれました。

基礎体温が上がると免疫力があがり、大病にかかりにくくなると言われており、お風呂に入るのが、億劫になる高齢者には「ヘルスリア」は気軽で服を着たまま入浴できるので、一日何度も半身浴をしたここと同じだと言っていただきました。

ヘルスリアで健康生活! 健康年齢アップ!!!

現在、さくらえんでは6台の「ヘルスリア」を導入し、高齢者の健康増進に役立っています。
お試し入浴体験も出来ますのでお気軽にご連絡下さい。
健康年齢・・・つまり病気をしたまま、歳を重ねるのは非常にもったいなく、いつまでも若々しく暮らしたいものです。そして病気になってからでは遅すぎます。
ジムやフィットネスに通うことも良いと思いますが、体の可動域が十分でないまま動かしたり負荷をかけるとかえって筋肉を傷めてしまいます。昔は、ストーブや暖炉、しちりん、コタツ等、赤外線に触れることはたくさんありましたが、現社会ではエアコン設備等、体の表面を暖かくする器具ばかりで、体を芯から温めることは少なくなりました。
今、ここから、あなたの健康ライフが変わる時です。

【ご質問・お問い合わせ先】 n.fukumoto@office.zaq.jp
ページの先頭に戻る
株式会社功栄サービス さくらえん

〒751-0832 山口県下関市生野町1丁目4-17 
TEL:083-294-0123 FAX:083-294-0123

 

メニュー