お問い合わせ 098-988-1820

提供サービス

事業所一覧

ケアプランセンター 大きな手
居宅介護支援とは ご利用までの流れ 利用料金 事業所案内 スタッフ紹介

居宅介護支援とは

概要

ケアマネジャーが介護全般のご相談に応じ、ケアプランの作成を行うサービスです。適切なサービスをご利用いただくために、ケアマネジャーはご利用者さまの状態やご家族の要望をおうかがいし、サービス計画(ケアプラン)を作成します。サービスを行う事業所の選定、ケアプランの変更が起きた場合の調整を行います。 介護に関するあらゆるご相談に応じ、介護サービスのトータルサポートをいたします。
 
※ご利用者さま一人ひとりと向かい合い、最適だと思えるサービス事業所を紹介できますし、ご利用者さまのご要望のサービス事業所等もご提供できます。「公正・中立」の立場でご提案いたします。

 

提供サービス

○ケアプランの作成(※費用はかかりません、全額を保険で負担します。)
 - 1ヵ月程度を単位として作成
 - サービス計画の内容・利用料・保険の適用等を丁寧にわかりやすくご説明
 - ご利用者さまやご家族の了解を得たうえで、主治医のご意見をお聞きすることも
 - ご利用者さまの状態を正確にアセスメント
 - ケアマネジャーを中心にサービス担当者会議を開いて検討
○手続き代行・連絡調整・情報提供
 - 市区町村の役所での要介護認定の申請・変更の代行
 - 介護サービスを利用するために必要な連絡調整(市区町村・保健医療福祉サービス機関を含む)
 - サービスの管理
 - 介護保険の給付管理(給付管理票の作成・提出)
 - 苦情受付



【介護サービスの種類は下記の①~③種類】
 「要介護1~5」「要支援1・2」の認定を受けた方は、介護サービスを利用受けることができますが、
 1ヶ月に利用できる上限額が要介護状態区分ごとに設定されています。

①居住サービス
 「要介護1~5」の方が利用できるサービス(介護給付)     「要支援1・2」の方が利用できるサービス(予防給付)
 居宅介護支援(ケアマネジメント)               介護予防支援(ケアマネジメント)
 サービスを適切に利用できるよう、利用者の心身の状況や     サービスを適切に利用できるよう、利用者の心身の状況や     
 置かれている環境、本人およびその家族の希望などを考慮     置かれている環境、本人およびその家族の希望などを考慮
 して、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成するほか、     して、ケアプラン(介護予防サービス計画)を作成するほ
 サービス事業者との連絡調整などを行います。また、必要     か、サービス事業者との連絡調整などを行います。
 に応じて介護保険施設などへの入所にかかわる援助も行い
 ます。

 ・通所介護(デイサービス)
    入浴や食事など日常生活上の世話や簡単な機能訓練が受けられる。
 ・通所リハビリテーション(デイケア)
    医師の指示に基づき、介護老人保健施設や病院、診療所などに通い、心身の機能の維持回復を図り、
    日常生活の自立を助けるために必要なリハビリテーションが受けられる。
 ・訪問介護(ホーム介護士ヘルパー)
    利用者の自宅に介護福祉士やホームヘルパーなどの介護専門職が訪問し、入浴や排泄、食事の介助
    など日常生活上の世話が受けられる。
 ・訪問看護(ホーム看護師ヘルパー)
    利用者の自宅に看護師が訪問し、医師の指示に基づき、療養上の世話や必要な診療補助の
    サービスが受けられる。
 ・訪問入浴介護(移動入浴車)
    利用者の自宅に訪問し、介護専用の浴槽が運ばれ、入浴サービスを利用できる。
 ・居宅療養管理指導(医療関係者の訪問指導管理等)
    医師や歯科医師、薬剤師などが自宅や居住系施設を訪問し、療養上の管理や指導を行う。
 ・福祉用具貸与(福祉用具等のレンタル)
    車いす、特殊寝台、手すり、スロープ、歩行器、認知症徘徊感知機器、移動用リフトなど
    の福祉用具等のレンタルのサービスを受けられる。
 ・住宅改修費支給(手すり取付け、段差解消等の工事)
    手すりの取り付け、段差の解消、引き戸などへの扉の取り換え、様式便器などへの取り換え
    などの住宅改修工事のサービスを受けられる。20万円までで、自己負担1割か2割。
 ・短期入所生活介護(介護施設にショートステイ)
    特別養護老人ホームなどに短期間(最大30日まで)入所して、入浴や排泄、食事の介護
    などの日常生活上の世話や機能訓練などが受けられる。
 ・短期入所療養介護(療養施設にショートステイ)
    医師の指示に基づき、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などの医療系施設に短期間
    (最大30日まで)入所し、医療・看護の管理の下で介護や機能訓練、その他必要な医療が
    受けられる。
 ・特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム等に入所)


②施設サービス
 ※原則「要介護3」以上の方が対象です。
 ・介護老人福祉施設
 ・介護老人保健施設
 ・介護療養型医療施設
  注意事項:施設によって自己負担額が異なります。
       また、介護サービス費以外に食事、居住費、日常生活費
       などが別途必要です。
       施設は本人の生活の場となります。

③地域密着型サービス
 高齢者が可能な限り住み慣れた自宅または地域で生活ができるように、
 身近な場所で提供されるサービスです。
 ・定期巡回・随時対応型訪問介護看護(24時間対応訪問介護看護)
   ※要支援1・2の方はご利用できません。
 ・夜間対応型訪問介護(18時~8時夜間対応ホームヘルパー)
   ※要支援1・2の方はご利用できません。
 ・認知症対応型通所介護(認知症対応デイサービス)
 ・小規模多機能型居宅介護(通所デイサービス+訪問介護+お泊り)
 ・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
   ※要支援1の方はご利用できません。
 ・地域密着型特定施設入居者生活介護(29人以下の有料老人ホーム)
   ※要支援1・2の方はご利用できません。
 ・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護(29人以下の特別養護老人ホーム)
   ※要支援1・2の方はご利用できません。
 ・看護小規模多機能型居宅介護(小規模多機能型居宅介護+訪問看護)
   ※要支援1・2の方はご利用できません。